2014年10月8日水曜日

姫路周辺10月8日(水)~10月19日(日)のイベント情報

今週もまた、姫路周辺の10月8日(水)~10月19日(日)
イベント情報を調べてみました。
秋らしいイベントが続々と・・・
見てるだけでも楽しい気分になります♪

文中の間違い、他のイベント情報などありましたら、教えて下さいね。

10月8日(水)
「黒田八虎の日」プレゼント(大河ドラマ館)
 黒田家家臣のうち、その武功を讃えられた者は黒田二十四騎と呼ばれ、中でも特に優れた八人の武将が「黒田八虎」と謳われています。 現在、毎月24日は「黒田二十四騎の日」として、大河ドラマ館入館者へオリジナルクリアファイルをプレゼントしていますが、これに加え毎月8日を「黒田八虎の日」とし、先着800名の入館者にオリジナル「黒田八虎コットンバッグ」をプレゼントします。
参考url

10月8日(水)
「TENRAN CAFE観月の宴」 (六甲山)
標高737mの六甲ケーブル六甲山上駅に隣接する「TENRAN CAFE」で、十三夜である10月6日と皆既月食が見られる8日に日本の伝統をおしゃれに楽しむ月見イベント「観月の宴」が開催される。
明石蛸と明石鯛の刺身や但馬牛の和風ローストビーフなど地元の食材を使った料理や、灘の酒を中心に秋限定の日本酒を飲み比べられるセットを販売。テラスから絶好のロケーションで月を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。
参考url

10月8日(水)
星の子館・10月8日の皆既月食インターネットライブ中継
兵庫県姫路市にある星の子館から、10月8日に起こる皆既月食を、Ustreamや静止画を使ってインターネットで生中継します。
10月8日(水)18時~22時
10月8日の月食は、姫路では3年ぶりの皆既月食です。ほぼ全国で、部分食のはじまりから終わりまで、見ることができます。
月食のそれぞれの区切りの時間は全国共通ですが、月が見える場所は西日本ほど低くなります。
部分食のはじまり:18時14分
皆既食のはじまり:19時24分
食の最大:19時54分
皆既食の終わり:20時24分
部分食の終わり:21時34分
参考url

10月8日(水)
皆既月食観望会 (明石公園)
明石市で10月8日、「皆既月食観望会」が開催される。
同市立天文科学館が主催し、太陽が作る地球の影に月が入り、月が見えなくなる現象・皆既月食を観察することができる。この日は18時ごろから次第に月が欠けはじめ、19時25分ごろに皆既月食となる予定。参加費無料。
参考url

10月8日(水)
皆既月食特別観望会 (西はりま天文台)
通常の宿泊者向け観望会とは別に、日帰りの方も参加できる月食の観望会を芝生広場にて行います。
注)日帰りの方はなゆた望遠鏡の観望会には参加できません。
18:00~21:00
申し込み:不要、参加費:無料
参考url

10月9日(木)
外国客船「ダイヤモンド・プリンセス」が神戸港入港
外国客船「ダイヤモンド・プリンセス」が10月8日に神戸港へ入港し、神戸市消防音楽隊による演奏などの歓迎行事が行われる。全長290m、旅客定員約2600人の同船は神戸港に入港したクルーズ客船では過去2番目の大きさで、今年4月に初めて入港して以来3回目となる。離岸は10月9日。
台風18号の影響によって入港日が10月9日正午へと変更になりました。
参考url

10月8日(水)~9日(木)
恵美酒宮天満神社秋季例祭台場練り(飾磨)
飾磨区恵美酒に所在する恵美酒宮天満神社において毎年10月8日・9日両日に行われる秋季例祭における風流。江戸時代より飾磨津の橋東と呼ばれた地域を中心とする氏子8地区(東堀・都倉・御幸・栄町・玉地・清水・北細江・小瀬)の繰り出す風流。台場練りは屋台巡行時や宮入時などに舁き手約80人のうち24人が屋台の台場下に入り肩で屋台泥台を舁く力技。飾磨津の生業に関わる郷土の生み出した類例の乏しい独特の風流である。
参考url

10月8日(水)~9日(木)
浜の宮天満宮秋季例祭屋台練り台場差し(飾磨)
毎年10月8、9日に飾磨橋西地区10ヶ町を氏子地域とする天満社(浜の宮天満宮)の秋季例祭で屋台練り及び台場差しが行われる。台場差しは現在、須加・宮・天神が大屋台、西細江が中屋台で継承しており、県内でも人力で屋台を最も高く差し上げる風流である。
乗り子と舁き棒を担ぐ練り子と台場の下に入った差し手が心を一にし、「サイテバチョーサー」の掛け声とともに、屋台を差し上げる。人々の頭上高くに屋台が浮き上がるように見え、差し手が台場を差しとめて静止する時間を太鼓の音で測る。静止が崩れると練り子は屋台を落とさぬよう本棒・脇棒をしっかりと受け止め、同時に差し手は迅速に脱出するのである
参考url

10月10日(金)~11日(土)
高砂神社秋祭り
屋台の練り合わせのほか、昔から名高いのが船渡御(ふなとぎょ)神事(3年に1度)で、播州三大祭の一つとして『播州名所巡覧図絵』にも「餝(かざり)船萬千の提灯に月星の光を奪う」と記されています。
宵宮の10日、神社を出立した神輿が町内を巡行して船着き場に着くと、締め込み姿の若衆が神輿を頭上に支えて御座船に遷し、船渡御が始まります。高張り提灯を掲げる供奉船(ぐぶせん)を従えた御座(ござぶね)船が裸の若者たちに支えられて港に向かい、さらに水揚げされた神輿は神社へと還御されていきます。その醸し出す幻想的な雰囲気は、やはりこの秋祭り一番のクライマックスです。
参考url

10月10日(金)~12日(日)
海神社秋祭り(神戸市垂水区)
1日目《10月10日》(金)
・宵宮祭:海神社御殿にて行われる祭典で、例祭が無事終了するよう祈願します
2日目《10月11日》(土)
・例祭 :海神社御殿にて行われる最も重要な祭典で、氏子崇敬者の繁栄・海上安全・農業繁栄・水産豊漁を祈願します
3日目《10月12日》(日)
・海上渡御祭:午前8時半より海神社御殿にて祭典(出御祭)を行って御神輿をお出し申し上げ、垂水漁港まで練り歩き、御座船にお乗せして、海上をお渡りし、海上安全・漁業繁栄、そして氏子崇敬者の安全等を祈願するお祭りです。お渡りの後、午後5時にお納めいたします
参考url

10月10日(金)~11日(土)
夢但馬産業フェア2014 ~未来へつなぐ“但馬のものづくり”~
100社以上の企業・団体が出展!! 飲食ゾーン、各種講演など盛りだくさん!!
但馬地域の企業等が初めて一堂に会する産業イベント「夢但馬産業フェア2014」を開催します。
地域内外の企業やバイヤーなどはもちろん、高校生や中学生、地域の方々も、さまざまな分野で活躍する但馬の企業の素晴らしさ、底力をその目で確かめてください!
参考url

10月11日(土)
「姫路バラ園」オープン
800種類、3500株のバラを育てる姫路バラ園(姫路市豊富町)が10月11日、オープンする。
先着100名にオリジナルカレンダーがプレゼントされるオープニングイベントが実施されるほか、週末にはオータムコンサートやワークショップなども企画。また園内にはばらづくしのメニューを味わえるローズカフェやバラにまつわる雑貨などが販売されるローズショップもオープンしている。11月中旬までを予定。
参考url

10月11日(土)
棚田のあかり (宍粟市)
11日(金)の日暮れ頃、宍粟市一宮町東河内 みはらし広場で、棚田に2000本のロウソクを灯す『棚田の灯り』も開催されます。
参考url

10月11日(土)
神戸大学医学部保健学科の学園祭「名谷祭」
名谷キャンパスに通う、
看護学・検査技術科学・理学療法学・作業療法学専攻の学生が一丸となって盛り上げていきます☆★☆保健学科ならではのアットホームな雰囲気が味わえます♪各専攻の模擬店や学科紹介、市民講座、学生によるダンスやバンドなどのさまざまな企画を用意しています。 
そして、、、 今年も芸人ライブを行います!!今年は、、、、、、銀シャリ・学天即・アインシュタインの3組です!!!!(もちろんライブ鑑賞は無料です!)詳しくはイベントのページをご覧下さい。
みなさんのご来場を心よりおまちしております\(^o^)/★
参考url

10月11日(土)
勝央町金時花火大会 (岡山県) 
(県外ですがこの時期の花火は珍しいと思って掲載しました。 )
「金時祭」は10/11(土)、12(日)の2日間にわたり開催され、初日に行われる花火大会でスターマインなどが打ち上げられる。12(日)は、芸能イベントや「ふるさと総踊り」、太鼓やバンド演奏など、楽しいイベントが目白押しだ。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
津田天満神社 秋季例大祭 (飾磨)
津田天満神社の秋祭りには、今在家、加茂、構、思案橋から4台の大屋台と、今在家、構の子供屋台、それに今在家の獅子と壇尻が練り出されます。 本宮では、午前9時、神輿が出御して御旅所(菅公小憩の地)に向かい、10時頃には各町屋台も集合して、行宮祭(あんぐうさい)が執り行われます。 昼頃になると今在家を先頭に、加茂、構、思案橋の順で屋台の宮入りが始まります。宮入りした屋台は境内で練り合わせを行い、拝殿の裏を回ります。練り合 わせを終えた屋台は、擬宝珠と露盤を外して拝殿内に入ります。ここで津田天満神社秋祭りの特徴のひとつといわれる「拝殿練り」が行われます。神社拝殿内で 屋台を練る「拝殿練り」は、播州の中でも数少ないことで知られています。さらに地面に置いた屋台を腕で一気に差し上げる「一気差し」という差し上げ方の技 が披露され、玉串が奉納されます。狭い拝殿の中で行われる屋台練りは、津田天満神社秋祭りの見所のひとつです。 屋台が境内に据えられると、今在家の獅子舞が奉納されます。祭りの中断とともに途絶えていた獅子舞も昭和54年に結成された獅子舞保存会により再興され、現在では「幣舞(へまい)」「屋島」「お七」「四方」「餌拾え」「地舞」「継ぎ獅子」の7つの舞すべてが行われます。 獅子舞が終わり、壇尻が境内を出ると、各町屋台の宮出しが始まります。宮を出た屋台は各町への帰路に就きます。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
・岩部の樽かき(香寺町)
・犬飼地区・土師地区に残る伝統の獅子舞(香寺町)
町内の秋祭りの中でひときわユニークなのは、岩部の樽かき。大昔、市川が氾濫したとき、身をていして人命を守った大蛇に、その後、里人が大瓶に入れた酒をお礼に捧げました。 以来豊作が続き、里人は酒樽を担いで氏神さまに奉納するようになったという故事にちなむお祭りです。担ぎ手の独特な腰つきに、観客から思わず感心のどよめきが起こります。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
別所西獅子舞 (姫路市別所町日吉神社)
毎年10月第2土曜日曜(もとは旧暦9月5,6日)に別所町別所の日吉神社の秋祭りに奉納される民俗芸能。雄雌2頭の毛獅子で二人立ちの獅子舞である。雨乞いのときに行う梯子獅子が廃絶しているが、道中舞・氏参り・神楽の舞・曲の舞・天の舞・花の舞・合の山の舞・棒の舞・蝶の舞・刀の舞・毬の舞・岡崎の舞、全12曲を伝承している。総じて雄獅子は音曲に陶酔して舞い、偉容を誇りながら勇敢な剣士に降伏し、里人にあやつられて服従する様を演じ、雌獅子は花とたわむれ、蝶にさそわれて静かに舞い、猿と仲良く遊んだりする様を演じる
参考url

10月11日(土)~12日(日)
荒井神社 秋祭り (高砂)
結びの松で有名な荒井神社の秋祭りで最大の呼び物は、江戸時代から伝わるという仁輪加太鼓。にわか芝居をもじったもので、少女が扮する着飾った舞子が踊りを舞い、乗り子、練り子の囃子や唄と掛け合いながら寸劇を展開していきます。寸劇も毎年内容が変わり、見物客を楽しませています。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
小松原三社大神社 秋祭り (高砂)
呼び物は江戸時代から伝わるという仁輪加太鼓。舞子、乗子、練子の囃子や唄と掛け合いながら寸劇を展開していきます。また、台場差しは必見です。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
明石城まつり
徳川家康の曾孫、小笠原忠真が築いた明石城の城跡公園で、その魅力をPRする「明石城まつり」が開催されます。子どもを中心としたスポーツイベントや、櫓の一般公開などが行われるほか、よさこいソーラン踊りが名物の「明石子午線どんとこいまつり」が同時開催されます。さまざまな演舞が披露され、観客も交えた総踊りで盛り上がります。家族やカップルなど大勢の観光客で賑わいます。
参考url

10月11日(土)~12日(日)
神戸ジャズストリート
第33回目を迎えるジャズの祭典「神戸ジャズストリート」が開催されます。三宮、北野町、トアロード界隈のライブハウスや教会などの会場を自由に巡ってジャズライブが楽しめます。アメリカ、オランダなどの海外アーティストも参加します。両日とも11時から、阪急・神戸三宮駅北側よりオープニングパレードが行われ、大勢の人で賑わいます。
参考url

10月11日(土)~13日(月)
セグウェイ乗車体験 (六甲山)
神戸市灘区の六甲山カンツリーハウスで10月11日から13日、「セグウェイ乗車体験」が行われる。
電動立ち乗り二輪車で、簡単な体重移動で前後移動ができる。事前申し込み不要、当日受付。
参考url

10月11日(土)~19日(日)
2014 コスモスまつり (加古川市志方町)
兵庫県加古川市コスモスまつりは、2006年兵庫国体でおもてなしの一環として始めたコスモス祭り。毎年開催されています。開催場所は休耕田を利用して行われる為、毎年開催場所がすこしかわります。関西で有数のコスモス畑になりました。
入場無料
参考url


10月12日(日)、19日(日)
青空バザール (大手前公園西側)
10月12日(日)
鞍居ふるさとまつり (赤穂郡上郡町)
10月12日日曜日、旧鞍居幼稚園と町立鞍居公民館で、第1回鞍居ふるさとまつりが開催されます。水車米やモロヘイヤの粉末、こんにゃく、あられなどの産地直産品や、新鮮野菜の販売、模擬店やステージ、餅まきをはじめ、サツマイモや枝豆の収穫やダム工事見学の体験コーナーもあります。
参考url

10月12日(日)
坂越の船祭り (赤穂市)
瀬戸内三大船祭りのひとつに数えられる勇壮な伝統的祭礼行事、「坂越の船祭り」。
この祭りでは、御輿船を中心とした十数隻の船が船団となり、旗やのぼりを立て、御旅所がある生島まで坂越湾を巡航していきます。
日没後、提灯に灯りをともし、各船が還幸する風景も幻想的な美しさです。
この大避神社の船祭りは、国重要無形民俗文化財にも指定されています。古来よりつづく伝統的な赤穂のお祭りを、ぜひご覧にお越しください。
参考url

10月12日(日)
山田の里石垣まつり (宍粟市)
新鮮有機野菜の即売をはじめ、味覚ブースや体験ブースなどイベントがもりだくさん。トンビの背中が見える「みはらし広場」で秋の一日をお楽しみください。
10/11(土)夜には棚田にたくさんのローソクが灯されます。
参考url

10月12日(日)
ラジオ関西まつり (ハーバーランド高浜岸壁)
「ラジオ関西まつり」は、1996年から毎年開催。今年で19回目。
ラジオ関西パーソナリティが大集合。
バラエティに富んだブースが数多く出店。
公開生放送やミュージックライブなど1日中楽しめる催しが盛り沢山です!
皆さん是非遊びに来てくださいね♪
参考url

10月12日(日)~11月16日(日)
姫路城菊花展
世界文化遺産に登録されている姫路城で、毎年菊花展が開催されます。姫路菊花会員や菊愛好家たちによる丹精込められた総合花壇をはじめ、大菊、盆栽菊などの作品約100席が展示されます。
参考url

10月13日(月)
第49回姫路市スポーツ祭
演技内容
バトン演技、幼稚園児と親による親子演技、なぎなた演技、太極拳演技、リレー競技  
参考url

10月13日(月)
コスモス祭り (丹波市氷上町)
丹波市氷上町の清住コスモス園で10月5日と13日、「コスモス祭り」が開催される。
同園は約7haの広大な休耕田を利用したコスモス畑で、同イベントでは地元住民による飲食ブースの出店やバザー、清住産こしひかりをはじめとする特産品の販売などが行われる。最寄駅のJR「石生(いそう)駅」からは無料シャトルバスも運行され、例年多くの人で賑わう。同園のコスモスは10月下旬までが見ごろ。
参考url

10月13日(月)
「釣りんピック2014in海づり公園」(神戸市須磨区・垂水区)
神戸市立須磨海づり公園(同市須磨区)と平磯海づり公園(同市垂水区)で10月13日、「釣りんピック2014in海づり公園」が開催される。
 園内で釣れた10cm以上の魚種をエントリーし、大きさを競う。16歳以上を対象とした一般の部と6歳から15歳までを対象としたジュニアの部がある。各部門上位3位に「長寸賞」が贈られる。
参考url

10月13日(月)
神戸ポートタワー「チャレンジ476!!」 
13日には展望5階までの階段476段を歩いて登るイベント「チャレンジ476!!」が実施される。
参考url

10月13日(月)
丹波スイーツフェスティバル (丹波新聞社1階ロビー)
丹波市制10周年を記念して丹波市の特産 「丹波栗」「丹波黒豆」「丹波大納言」「丹波ブルベリー」のお菓子のフェスティバルを開催します。

10月13日~14日
湊神社 (的形)
湊神社の祭礼は10月13日・14日に行われ、的形町内の児嶋、地、北山河、南山河、福泊、大鳥、仮屋から屋台が練り出されます。宮入りした屋台は境内で練り合わせが繰り広げられ、14日の本宮は江戸時代より続く神式渡御行列が、屋台と共に、御旅所である八幡神社への坂道を登っていきます。夜になると的形駅前と的形南公園で、祭り最後の練り合わせが行われます。
参考url

10月13日~14日
曽根天満宮
学問の神様菅原道真を祀る曽根天満宮の秋祭りは、勇壮・華麗で知られています。
神事も多彩で、のぼりを立てた竹を男衆たちが地面に激しく叩きつけて割る「竹割」や、童児(頭人)が額に「八」の字を描き、狩衣姿に山鳥の羽を立てた花笠をかぶり、馬の背に乗って宮入りする絵巻物さながらに美しい「一ツ物」が有名です。
もちろん祭りの最大の呼び物は豪華絢爛な屋台の練り合わせ。屋根に布団を敷き重ね、四隅をピンとはねあげた色鮮やかな布団屋台が威勢よく練り合わされると、祭りは最高潮に達します。やがて陽が沈んでも、名残りを惜しむかのように灯りを点した美しい屋台がいつまでも闇の中に浮かび上がっています。
参考url

10月13日(月)~19日(日)
ル・ポン国際音楽祭2014 姫路・赤穂 
 「ル・ポン(le pont)」とは、フランス語で“架け橋”を意味し、姫路国際音楽祭及び赤穂国際音楽祭の愛称として親しまれています。樫本大進音楽監督の「音楽を架け橋に、人と人とのきずなを大切にし、平和で幸せな世界を作りたい」という想いを受け、「一流の演奏家による室内楽を、市民が気軽に楽しめ、奏者と聴衆の距離の近い音楽祭」を目指して、2007年から赤穂市、姫路市で交互に開催され、樫本大進音楽監督の呼びかけにより、音楽祭の趣旨に賛同する世界的演奏家がボランティアで多数出演しています。2012年から赤穂市と共同で開催しています。
参考url

10月14日~15日
灘のけんか祭り (松原八幡神社)
灘のけんか祭りとは、姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる、秋季例大祭の総称で、「灘祭り」「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれています。一の丸、二の丸、三の丸の、神が乗り移った3基の神輿をぶつけ合う神事によって、戦前から播磨を代表する祭りとして知られていました。戦後はこの神輿行事のほか、激しく屋台が練り競う勇壮な屋台練りが人気を呼び、全国の数ある「けんか祭り」のなかでも最大級の祭りといわれ、国内はもとより海外にまでその名を知られるようになりました。
参考url

10月14日~15日
秋祭り「毛獅子の舞」 (大塩天満宮)
昔から播磨は獅子どころといわれ、秋祭りに獅子舞を奉納するところは多く見られ、中でも、大塩天満宮の秋祭りの獅子舞は兵庫県の重要無形民俗文化財にも指定されおり、県内外にも広く知られています。 8氏子8地区から参加する8頭の獅子は、いずれも頭から尾先まで、真っ黒な毛でおおわれた毛獅子が特徴で、これはふつうの神楽獅子と違って、野獅子を表現したもので、頭部が5キロ、胴幌(どうほろ)は15キロもの重さがあります。 鎌倉時代に始まり、室町時代に形が整ったと言われており、真っ黒な毛を振り乱し、まるで生きているかのように舞う力強さは圧巻です。 大塩天満宮の鳥居前から神前までを、数人で組んだ肩馬の上に乗って舞う「道中舞」、神前の舞台での方の旨いを「地舞」といいます。笛、太鼓、掛け声などにはやし立てられながら、各町ごとに特徴のある豪快な舞を披露してくれます。 獅子舞だけでなく、6台の屋台による荒々しい練りも、播磨の秋祭りならではのもの。はっぴに締め込み、色違いのはちまきを締めた各地区の練り子たちが、「ヨ―サー」の掛け声とともに、力強い練りをみせてくれます。
参考url

10月14日~15日(水)
城崎秋まつり
来る10月14日(火)・15日(水)の二日間、城崎温泉ではいで湯の繁栄を祈願する四所神社の祭礼、『秋まつり』が開催されます。
但馬随一の豪華さを誇る『大だんじり』の激しいぶつかり合いに、観光客の皆さんも大歓声で応えます。ぜひ一度御足運びくださいませ。
参考url

10月15日(水)~16日(木)
伊和神社 秋季大祭 (宍粟市)
播磨国開発の神、総氏神様として崇められる古社。大祭2日目は神幸祭に引き続き、境内で屋台の練り合わせが行われ、小杉立に勇壮な太鼓やかけ声がこだまします。
参考url

10月15日(水)~27日(月)
秋の北海道物産展 (山陽百貨店)
10月16日(木)
加里屋さんもく楽市 (赤穂市)
野菜・飲食・衣料雑貨・花苗・山野草などの熱血店舗がオープンします。
商店街の一部店舗では、独自の割引セールなどを行う「さんもく楽市応援事業」も実施しています。ぜひお越しください。※雨天決行
参考url

10月17日(金)~18日(土)
英賀神社 秋季例大祭
播州姫路に勇壮な太鼓の音と声が響く秋祭り。
英賀神社では10月17日・18日に秋季例大祭を例年同様に変わらぬスケジュールで開催いたします。
毎年10月17日・18日の2日間行われる旧縣社・英賀神社の例祭は、2台の檀尻と大小18台もの屋台が繰り出される歴史深い秋祭です。
高床式の拝殿の中、天井に届くほど屋台を高く練り上げる拝殿練りは圧巻です。また、「英賀と言えば梯子、梯子と言えば英賀」と称されるように、
2本の大竹で出来た横木の無い梯子の上で獅子が舞う姿は勇壮で見応えがあります。又、この大祭の歴史は古く今から560年以上も遡り、嘉吉3年9月18日(現在の10月)に太子黒岡山より天満宮(菅原道真公)を奉遷し英賀天満宮となった頃からと伝えられています。本年も多くの皆さまのお参りをお待ちいたしております
参考url

10月18日(土)
フリーマーケット杣市 (書写)
毎月第3土曜日、姫路市書写にあるデイサービスリゾート「杣緑」の敷地内、「芝生広場」 でフリーマーケットを開催中!日用雑貨をはじめ、ハンドメイドの小物や骨董品、飲食ブースもたくさん出店。そしてなんといってもうれしいのが、完全無農薬の野菜がお手頃価格で購入できること。入場無料・無料駐車場アリ。出店者も随時募集しています 。
参考url

10月18日(土)
朝ごぱん市(高砂銀座商店街)
同商店街と20代から30代のボランティア団体「朝市たのしみ隊」が実施しており、今年の7月から始まって今回で3回目。広報担当者は「将来的に商店街の空き店舗を減らす取り組みに繋がれば」と話す。
高砂町の店舗約5店が提供する朝食のほか、新鮮な播州の魚や野菜、米などが販売される「朝市」、一般参加者による風呂敷に包めるくらいの量の手づくり作品が販売される「風呂敷マーケット」も同時開催。また、「風呂敷マーケット」は当日も参加者を受け付けているという。
参考url

10月18日~19日
生石(おうしこ)神社 (高砂)
見ものは神輿の勇壮な練り合わせ。祭神である大穴牟遅命(おおなむちのみこと)を祀る赤い神輿を若者が、少毘古那命(すくなひこなのみこと)を祀る黄色い神輿を年配の者が担ぎ、ぶつけ合うように激しく練り合わせます。 ユーモラスなのが「赤囃子」(あかはやし)と呼ばれる神事で、神の警護役の猿田彦に扮した人物が、まわりではやしたてる若者たちを棒を振るって追い散らし、神の強さを象徴します。
参考url

10月18日~19日
小芋祭り (荒川神社)
荒川神社の秋祭りは別名「小芋祭り」と呼ばれます。これは馬場で練る屋台を拝殿から見ると、「すり鉢の中で小芋を洗うがごとく」見える情景に由来しています。 荒川神社秋祭りは様々な場所での見せ場があり、宮入り、馬場での練り合わせ、階段登り、拝殿練り、山登り、山降り、再び馬場での練り合わせと、多彩な屋台練りを見ることのできる、見どころが多い祭りとして知られます。 本宮では、午前8時過ぎから子供樽みこしの宮入りが始まり、9時には屋台の宮入りが始まります。宮入りは、町坪、中地、玉手、岡田、井ノ口、西庄と続きます。馬場へ宮入りした屋台は次々と練り合わせを行い、所定の位置に据えられます。 11時になると「階段登り」が始まります。各地区の屋台は宮入りの順で拝殿に続く階段を登り、拝殿の手前で擬宝珠と露盤を外して拝殿内に入ります。神前 で「拝殿練り」が行われます。拝殿を出た屋台は、更に山頂にある御旅所に向かって、急な坂道を登っていきます。12時になると神社を出発した神輿が御旅所 に到着し御旅所神事が執り行われます。 午後、各地区の屋台は上りとは別の「いろは坂」と呼ばれる坂道を、馬場に向かって下りて行きます。この道は上り以上に急な勾配で、荒川の秋祭り最大の難所といわれます。 そして西日を浴びて輝く屋台を練り合わせる、秋祭り最後のクライマックスを迎えます。平成13年からは、このクライマックスに全ての屋台の練り合わせが行われるようになりました。練り合わせが終わると万歳三唱が行われ屋台の宮出しが行われます。
参考url

10月18日(土)~19日(日)
塩屋荒神社秋祭り (赤穂市)
豊作の喜びに感謝する実りの秋にふさわしい「塩屋荒神社秋祭り」が開催されます。
見どころは重さ数トンにものぼる豪華絢爛な大屋台! まわしにはっぴ姿の男衆が屋台を高々とかついで練り歩く姿には圧倒されます!
赤穂きってのにぎやかで迫力のあるお祭り、ぜひお越しください。
参考url

10月18日(土)~19日(日)
富嶋神社秋祭り (たつの市)
京都貴船神社の御祭神を分社化した貴布禰大神と、魚吹八幡神社の御祭神を分社化した八幡大神が合併されてできたという成り立ちを持つ富嶋神社で、秋祭りが行われます。
5地区から練り出す勇壮な屋台練りもさることながら、神楽獅子による勇壮な獅子舞は露払いの役目を持っていて、壇尻の上で奉納される舞は一見の価値ありです。力強くとりおこなわれる御津町の秋祭りにぜひお越しください!
参考url

10月18日(土)~19日(日)
第36回兵庫県民農林漁業祭 県立明石公園
兵庫県の農林漁業を「見る・食べる・体験する」楽しいお祭りです!
北は日本海から南は瀬戸内海に面する我が県では、豊かな自然のなかで、様々な農林水産物が生産されています。
これらの農林水産物や農林漁業を広く県民の皆様に知っていただき「地産地消(県産県消)」「都市と農山漁村の交流」「食育の推進」を目的として毎年秋に開催しています。
イベント当日は県内各地から新鮮な野菜や魚、加工食品などのおいしい特産物の試食・販売や、農林水産業や食に関する体験コーナー、ステージイベントなどもあり、お子様からお年寄りまで楽しめるイベントが盛りだくさんです。
参考url

10月18日(土)~11月3日(月)
手柄山オータムフェスティバル
詳細
参考url

10月19日(日)
姫路港ふれあいフェスティバル&中播磨地域活動交流メッセ
港の重要性や海の魅力を発信し、身近な港として親しんでもらうとともに、様々な地域団体が互いの活動を知り、協働するきっかけをつくり、地域コミュニティの活性化を図ることを目的として、「姫路港ふれあいフェスティバル」と「中播磨地域活動交流メッセ」を一体的に開催します。地元幼稚園、小中学校、地域団体などのステージイベントや、ご当地グルメや中播磨地域の特産品の販売、様々な体験コーナーなど、盛りだくさんの内容を予定しておりますので、皆様ふるってご参加ください!
参考url

10月19日(日)
第1回姫路忍者流手裏剣打選手権大会の最終予選会 (姫路市立動物園)
老若男女どなたでも参加できますので、興味のある方は参加してみてくださいね~!!
また、予選は動物園内のステージで行われますので動物園も楽しんで下さい。
参考url

10月19日(日)
第19回置塩城まつり (夢前町)
催し内容
ステージイベント (武者行列・置塩城音頭・明神太鼓・新庄獅子舞・園児鼓笛隊など) 
置塩城跡現地見学会 (受付 登山口 午前8時30分 ・ 下山 午前11時30分頃)
※雨天の場合は中止
参考url

10月19日(日)
「秋の収穫祭とコスモスまつり」が姫路市南恒屋ふれあい農園 (香寺町)
今回は開園10週年を記念し音楽イベントを開催するほか、しろまる姫やサギマルくんも登場します。
コスモス畑での花摘みや、地元の方々による模擬店、新鮮野菜の青空市、もちつき大会、ヨーヨー釣りなど様々な催しが予定されております。
また、施設見学もできますので、家庭菜園に興味をお持ちの方もこの機会に是非お越し下さい。
参考url

10月19日(日)
子供釣り大会 (姫路市立遊漁センター)
子供たちが楽しみしている子供釣り大会が10月19日に開催されます。今年から当日の現地申込となります。
受付は午前6時30分から午前8時までです。小雨決行です。ただし、荒天時は10月26日(日)に順延します。
賞品は1位~3位、飛び賞、BB賞。
時間は、受付後から午前10時までです。その後、計量、表彰式となります。
参考url

10月19日(日)
第140回三左衛門バザール (パナホーム兵庫)
本社南側の駐車場で、毎月1回フリーマーケットを開催しています。多彩な店が並ぶ楽しい会場ですので、ぜひご来場ください!
「三左衛門バザール」は、当社所在地の三左衛門堀西の町にちなんで名付けられました。主催は、社内の環境保全プロジェクト「エコプロジェクト」で、不要になったものを破棄するのではなく、必要な人に譲って使ってもらう《資源の再利用》(リユース)を推進しています。
売上金の一部は、毎年、兵庫県緑化推進協会や姫路市緑化基金等へ寄付しています。
皆様のご参加・ご出店をお待ちしています。
参考url

10月19日(日)
馬場コスモスまつり (たつの市)
馬場自治会は、約5万㎡の休耕田にコスモス約500万本を栽培しています。10月初旬から咲き始め、赤・白・ピンク・黄色の花が大地を染めるように咲き誇ります。満開を迎えた田園景観の中でコスモス祭りを開催します。伝統芸能の獅子舞をはじめ、消防レンジャーショー、よさこい・鳴子踊りなどのステージイベントや新鮮野菜の即売のほか、杵つき餅、おでん、焼きそば、焼きいもなどの味わいコーナーもあります。
参考url

10月19日(日)
赤穂八幡宮秋祭り
赤穂八幡宮の秋祭は、神輿の前を清めながらお旅所まで進む頭人と獅子舞が有名です。
赤穂八幡宮は浅野家および赤穂南部一帯の氏神で秋祭りの中でも神幸式の先駆け。神輿の前を清めながらお旅所まで進む頭人と獅子舞が有名です。眠っている雌雄二頭の野獅子が太鼓の打ち出しで目覚め、天狗に導かれながら悪霊を祓い清め進んでいく舞は最大の見せ場です。
参考url

10月19日(日)
第8回あけのべ一円電車まつり (養父市大屋町)
▽走れ一円電車 くろがね号の体験乗車会。
ちっちゃな一円電車「くろがね号」が70mの線路を走ります。
▽明延鉱山探検坑道見学会
国の近代化産業遺産に指定されている探検坑道、約600mをガイドクラブのスタッフがご案内します。特別料金 小中学生300円、高校生一般500円
▽あけのべ探訪スタンプラリー:鉱山の面影を残す明延のまちを歩いてみよう。
▽イベント・バザー
▽その他、検討中です
参考url

(開催中)~11月30日(日)まで
みんなの自転車「姫ちゃり」の実施
姫路市で借りる場所も返す場所も自由なレンタル自転車の試み「姫ちゃり」が10月1日、同市姫路城周辺で実施される。
公共交通機関を使用する来場者に中心市街地の回遊性を高めることを目指して行われる。姫路駅、姫路城周辺7箇所にサイクルステーションと呼ばれる自転車の貸し出し施設が設置され、利用者は7箇所のうち好きな場所で自転車の貸し出しや返却を行うことができる。利用料金は1日100円で、同日中ならば何度でも利用できる。中学生以上が対象。
参考url

(開催中)13日(月)まで
KOBE観光の日・KOBE観光ウィーク
期間中は観光施設の無料開放や割引、プレゼントなどお得情報が盛りだくさん
参考url

(開催中)13日(月)まで
神戸オクトーバーフェストin三宮
ドイツで200年以上の歴史を持つビールイベント「ミュンヘン・オクトーバーフェスト」の神戸版として実施されており、今回が3回目。来場者はビールを片手に、舞台で生演奏される乾杯の歌「Ein Prosit」(アイン プロージット/乾杯の意味)を唱和して盛り上がる。
会場では、世界最古の醸造所「ヴァイエンシュテファン」の新商品など日本で初めて提供されるドイツビールを含む約50種類のビールが登場するほか、ソーセージなどの郷土料理や神戸産の食材をドイツ風に調理するオリジナルメニューが楽しめる。また、神戸ワインや地産地消のピザを販売する「神戸Markt(マルクト)」、ドイツについて詳しく知ることができるPRブースも設けられる。
参考url

(開催中)~10月15日(水)まで
太子いちじくフェア
町内の洋和菓子店にて「太子いちじく」を使用した、いちじくスイーツを販売します。今年は、いちじく生大福やいちじくクレープなど新たなスイーツが新登場☆いちじくの魅力がたっぷり詰まったオリジナルスイーツを是非ご賞味下さい。
また、鮮度と糖度(13%以上)にこだわりとっても甘い「太子いちじく」を生産者から直接購入できます。事前予約が必要となりますので、チラシをご覧の上、お買い求め下さい。チラシはPDFよりダウンロードできます。
参考url

(開催中)11月30日(日)まで
木下大サーカス☆神戸公演
あの、世界を感動させた木下大サーカスがさらに進化して4年ぶりに神戸に大上陸!!
夢と勇気と感動と。熱き挑戦者たちの奇跡のステージ!
子供たちに楽しい夢を、若者にバーチャルではない迫真のライブ芸の魅力を、壮年の方たちには去りし日の思い出と感動を!
お子さまの感動情操教育の場として最適です。
世代を超えて共感を分かち合えるひとときをぜひおそろいでお楽しみください。
●奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー
●地上15m決死の新空中大車輪
●サファリスペクタクル
●ロシアン空中アクロバット
参考url


blogランキングに参加しています。
宜しければクリックお願いします。
↓↓
いつも応援して下さってありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿